飲むことで基礎代謝をアップさせる

お酒

基礎代謝をアップさせるためにお酒の力を借りられるか。答えはNO。そんなに都合良くはない。

お酒は飲んだ後、体が熱くなる。アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと言って、肝臓に負担をかけて水と二酸化炭素に分解されるだけで、運動するときのエネルギーとして使えない。体に脂肪となってついてしまうことも少ない。結局、肝臓に負担をかける作用が大きいことを考えあわせると、体にとってはあまり役に立たないといえる。

では、お酒を飲んで食べると太ってしまうとは、どういうことだろう。お酒のカロリーは分解されるが、飲んだ後の食事や飲酒後に運動できないことで脂肪がつきやすい。これは、お酒を分解中の肝臓は手一杯で、他の栄養素が入ってきてもエネルギーに変える余裕がなくなるからだ。

しかし、お酒を飲むことで気分が変わったり、人付き合いの幅が増えたり、簡単に幸せな気分になれたりする。これは、心と体にとってとても重要なことだ。基礎代謝アップのためにほどほどのお酒を断ってしまうことは、かえって逆効果だ。心と体のバランスをとる上でお酒は必要だ。

そこで飲むお酒として、なるべく糖分の少ない蒸留酒、ウィスキーや焼酎を飲むようにする。お酒と一緒に水やお茶も飲み肝臓を助けるようにしよう。おつまみは、脂の少ないものにしよう。

お酒は、飲みすぎないよう注意する。毎日飲むなら、量を減らす。お酒以外のストレス解消法を考える。肝臓に負担をかけるのは、基礎代謝を上げる妨げになる。自分を大切にするためには、お酒の飲み方を冷静に見直して、あなたにとってどうしても必要な飲酒だけ残すようにしたほうがいい。